シンボルマーク認可企業

  • 大塚製薬㈱
  • 菅公学生服㈱"

推薦体育用品一覧

  • 明石被服興業㈱
  • 大塚製薬㈱
  • 菅公学生服㈱
  • ギャレックス
  • ㈱ムーンスター
  • ㈱トンボ
  • 日本教育シューズ協議会
  • ラッキーベル㈱

特別賛助オンライン販売

  • 大塚製薬㈱

「全国中学校体育大会引率細則」

本細則が適用されるのは、学校事情により、校長・教員が引率できず、校長がやむを得ないと判断した場合に限るもので、安易に引率者として外部指導者(コーチ)の引率を認めるものではない。

(1)引率者としての外部指導者(コーチ)の規定

① 当該校の校長が認めた成人であり、日頃から指導に当たっている者のことをいう。なお、事前に校長との間で外部指導者(コーチ)としての契約がなされていること。

② 引率者としての外部指導者(コーチ)は、各大会の申込用紙の引率外部指導者(コーチ)欄に必要事項を記入すること。

③ 引率者としての外部指導者(コーチ)に規定違反、不適切な言動等があったときは、不適合者として会長または競技専門委員長から当該校の校長に連絡し、資格を取り消す。

④ この規定以外のことは、各競技専門部の規定

(2)引率者としての外部指導者(コーチ)の引率を認める個人競技は、次の12競技とする。
但し、団体戦は該当しない。

①陸上競技 ②体操競技 ③新体操 ④卓球 ⑤柔道 ⑥剣道 ⑦水泳競技

⑧バドミントン ⑨相撲 ⑩ソフトテニス ⑪スキー ⑫スケート
● 陸上競技・水泳競技のリレーは、個人種目として取り扱わない。
● ソフトテニスはダブルスのみなので、個人種目として取り扱う。

(3)引率者としての外部指導者(コーチ)には、監督の資格を認めない。

① その際の監督は、当該校の校長と当該中学校体育連盟競技専門部が協議し、当該校の校長が監督を引き受けた教員の所属長(校長)と本人に文書で依頼する。

② 手続きは、様式7、8、9、10、11を持って行う。

(4)生徒の大会出場に関する全責任は、校長が負う。

(5)引率上の留意点及び大会会場においての留意点

① 引率上の留意点等

ア 引率時は、公の交通機関を利用する。

イ 外部指導者(コーチ)は任意の傷害保険等に加入する。加入手続きは外部指導者(コーチ)が行い、費用は原則として自己負担とする。

ウ 引率にかかわる外部指導者(コーチ)の費用は、原則として自己負担とする。

エ 生徒の服装、持ち物等については、各学校のきまりに従う。

オ 大会の結果と帰校報告を、帰宅後、直ちに行う。

カ 宿泊する場合は、学校(大会本部)より指示された宿舎とする。

キ その他、引率に必要な事項を指導する。

② 大会会場においての留意点等
引率者は次のことに留意する。特に引率者として相応しくないと大会本部が判断した場合は退場を命ずる。生徒は失格となることもある。

ア 大会要項を遵守し、責任ある行動をとる。

イ 各競技会場の使用上のきまりに従う。

ウ 競技場の抗議及び問い合せは、校長が依頼した監督に連絡をとる。

エ ごみ等は持ち帰りを原則とするが、会場使用規定に従う。
※この細則は平成14年4月1日より施行する。
(監督者報告書・依頼書・承諾書 様式7~11)

※このページのトップに戻る

 

「全国中学校体育大会複数校合同チーム参加規程」

(1)趣旨
参加を承認する精神は、あくまでも少人数の運動部による単独チーム編成が出来ないことの救済措置であり、勝利至上主義のためのチーム編成であってはならない。なお、複数校合同チーム(以下合同チーム)で参加する場合は、下記の条件を満たしていることが必要である。

(2)条件

① 合同チームとしてそれぞれの学校教育計画に基づいて活動している。

② 合同チームの各校は、都道府県中体連に加盟している。

③ 合同チームとしての大会参加が、都道府県中体連に承認されている。

④ 個人種目のない以下の競技(7競技)に限る。
バスケットボール(5)、サッカー(11)、バレーボール(6)
ハンドボール(7)、軟式野球(9)、ソフトボール(9)、アイスホッケー(11)
※但し( )内の人数を下回った場合のみ、合同チームを編成できる。

⑤ チーム名は校名連記とする。

⑥ 参加申し込み手続きは当該校の校長が承認の上、代表校長が行う。

⑦ 合同チームの引率・監督は出場校の校長・教員とする。但し、やむを得ない場合は代表引率・監督を認める。

★ 上記の実施にあたり

(1) 各都道府県中体連においては、合同チーム全国中学校体育大会参加の趣旨をふまえ、参加状況を充分に把握しておく。

(2) 実施していく過程で生じる問題については、各都道府県中体連の実態に応じて、趣旨をふまえて対処するとともに、(公財)日本中体連とともに検討していく。

※このページのトップに戻る

 

「参加資格の特例」

(1)学校教育法134条の各種学校(1条校以外)に在籍し、都道府県中学校体育連盟の予選会に参加を認められた生徒であること。

(2)参加を希望する各種学校は以下の条件を具備すること。

① 全国大会の参加を認める条件

ア (公財)日本中学校体育連盟の目的及び永年にわたる活動を理解し、それを尊重すること。

イ 生徒の年齢及び修業年限が我が国の中学校と一致している単独の学校で構成されていること。

ウ 参加を希望する学校にあっては、運動部活動が教育活動の一環として、日常継続的に当該校顧問教員の指導のもとに、適切に行われていること。

② 全国大会に参加した場合に守るべき条件

ア 全国大会開催基準を守り、出場する競技種目の大会申し合わせ事項等に従うとともに、大会の円滑な運営に協力すること。

イ 全国大会参加に際しては、責任ある当該校校長または教員が生徒を引率すること。また万一の事故発生に備え、傷害保険等に加入するなどして、万全の事故対策を立てておくこと。

ウ 大会開催に要する経費については、必要に応じて、応分の負担をすること。

※このページのトップに戻る