シンボルマーク認可企業

  • 大塚製薬㈱
  • 菅公学生服㈱"

推薦体育用品一覧

  • ㈱明石スクールユニフォームカンパニー
  • 大塚製薬㈱
  • 菅公学生服㈱
  • ギャレックス
  • ㈱ムーンスター
  • ㈱トンボ
  • 日本教育シューズ協議会
  • ラッキーベル㈱

特別賛助オンライン販売

  • 大塚製薬㈱

公益財団法人日本体育協会

  • 日本体育協会

平成29年度 開催地紹介

福岡県

福岡市さぁ1本!そしてはばたけ!ここ福岡市から世界へ
福岡市は「世界有数の都市機能」「豊かな食文化」「世界に誇る祭りと活気」「恵まれた自然と生活環境」があり,全国の政令市の中でも人口増加率が1位と,魅力溢れる都市です。また,スポーツのジャンルにおいても2019年ラグビーワールドカップ,2021年世界水泳など国際大会も控え,スポーツに対しても熱心に取り組んでいます。 この度,全国中学校柔道大会を開催しますが,会場となる国際センターは毎年,全日本選抜体重別選手権が行われており,柔道家にとって「聖地」の1つであるといっても過言ではない場所です。その場所で,次代を担う選手の皆様が存分に力を発揮し,思い出深い大会となるよう尽力して参ります。皆様のお越しを心からお待ちしております 。
●柔道  8月22日(火)~25日(金)
北九州市ようこそ歴史と文化のまち北九州市へ
北九州市は、響灘、周防灘、関門海峡に面し、九州の玄関口として知られ、古くから交通の要所として栄え、九州都市圏の中心都市として現在に至っています。  本市の、「官営八幡製鉄所関連施設」は世界文化遺産に登録され、現在注目を浴びています。また、「門司港レトロ」、「いのちのたび博物館」「松本清張記念館」など歴史を感じさせる施設や、全国でも珍しい「漫画ミュージアム」、北九州フィルムコミッションの誘致により撮影された映画のロケ地など見どころ満載のスポットが市内各所に点在しています。  この北九州市で全国各地から激戦を勝ち抜いた選手、監督、関係者の方々をお迎えし、第48回全国中学校体操競技選手権大会を開催できますことを大変喜ばしく思います。体操競技を通じて互いに交流を深め、思い出多き大会となりますことを願うとともに、関係者一同、皆様のお越しを心からお待ちしております。
●体操競技 8月19日(土)~21日(月)

佐賀県

佐賀市「人と自然が織りなす “やさしさと活力にあふれるまち さが" 」
佐賀市は、佐賀県の南東部に位置し、佐賀市の南側は有明海に面しています。南東部は筑後川を挟み、北東部でも脊振山地を境に福岡市などと接しています。市街地は佐賀平野の中心付近に位置し、秋には嘉瀬川河川敷を中心に佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催され、バルーン(熱気球)の街として賑わいます。また、鍋島直正や大隈重信、佐野常民など幕末から明治期にかけ、現代日本に大きく影響を与えた、多くの偉人を輩出しました。その情熱や躍動が時代を動かし、明治維新への大きなエネルギーとなりました。 この度、この佐賀市において全国各地から選手や監督、関係者の皆様方をお迎えし、第47回全国中学校剣道大会・第47回全国中学校バドミントン大会が開催できますことを関係者一同、心より歓迎いたします。本大会が参加される皆様にとって、思い出に残る素晴らしい大会になりますようお祈り申し上げます。
●剣道 8月18日(金)~20日(日)
●バドミントン 8月22日(火)~25日(金)

熊本県

熊本市「ようこそ 森と水の都 熊本市へ」
熊本市は、熊本県の中心都市であり、ミネラル豊富な地下水に恵まれています。また、トマト、スイカなどの農産物や馬刺しなども熊本の名産物です。そんな熊本市は2016年4月に大きな地震がありました。加藤清正公が創造した熊本城も石垣が崩れ、修復されるには多くの費用と人手、時間を要します。 1年たった今でもまだ地震の爪痕が残っています。しかし、全国の皆様の温かいご支援のおかげで、元気を取り戻し、少しずつ復興へ向かっています。こうした中、熊本市で第44回全日本中学校陸上競技選手権大会が開催されるにあたり、全国の皆様に「感謝」の気持ちを伝えられるような大会にしたいと考えています。また皆様のご来熊、心から歓迎致します。「感動!夢舞台!!絆をつなげ九州の地で」のスローガンのもと、皆様にとって、心に残る最高の舞台となりますよう、祈念申し上げます。
●陸上競技 8月19日(土)~22日(火)
菊池郡市
山鹿市
ようこそ「火の国、水の国、歴史の国、そして、癒やしの国」菊池・山鹿へ
菊池市、合志市、大津町、菊陽町の2市2町からなる菊池郡市とお隣の山鹿市は、熊本県の北東部に位置し、東に世界一のカルデラを誇る雄大な阿蘇山を望み、阿蘇外輪山から流れ出す豊かな伏流水の流れる白川や菊池川を有する自然豊かな地域です。また、肥後領主、加藤清正公によって整備された井手(大津町)や鼻ぐり井手、大津街道の杉並木(菊陽町)など多くの史跡が現存しているほか、風情あふれる国指定重要文化財の八千代座(山鹿市)や「美肌の湯」と名高い菊地・山鹿両温泉は今も多くの人々を魅了しています。  昨年4月の熊本地震では各地で甚大な被害を受けましたが、全国からの心温まる支援のおかげで確かな復興の道を歩んでいます。この度、全国各地から選手、監督、関係者の皆様をお迎えするにあたり、地域を挙げて歓迎申し上げますとともに、皆様にとって最高の晴れ舞台となりますよう心より祈念申し上げます。
●サッカー 8月18日(金)~23日(水)

長崎県

長崎市「夜景と異国情緒あふれる長崎市へ」
長崎市は、1570年(元亀元年)の開港以来、ポルトガルやオランダ、中国などとの海外交流を通して、多種多様な伝統や文化を生み出しながら発展してきた都市です。  こうした歴史に育まれ、グラバー園をはじめ数々の国際性豊かな観光資源が多数存在し、港を取り囲む斜面市街地は、美しい景観を醸し出し、歴史のまち、ロマン漂うまちとして多くの方々に親しまれる国際観光都市です。  平成24年、長崎の夜景は、香港、モナコとならび、世界新三大夜景に認定されました。グラバー園、出島ワーフなど、ユニークべニューでの夜景を背景としたイベントなど、コンベンション都市として、ますますその魅力を高めてきております。  この長崎市において全国各地から選手、監督、関係者の皆様方をお迎えし、第48回全国中学校ソフトテニス大会が開催されますことを心より歓迎申し上げます。日頃の練習の成果を存分に発揮され、本大会に参加される皆さんにとって、心に残る大会となりますようお祈りいたします。
●ソフトテニス 8月18日(金)~20日(日)
大村市「花と歴史と技術のまち大村市へ」
大村市は、長崎県のほぼ中央に位置し、緑豊かな多良山系と、「琴の海(ことのうみ)」と称されるほど波静かな大村湾に囲まれた都市です。  日本で最初のキリシタン大名となった「大村純忠」は、長崎港を開港し、1582年に4人の天正遣欧少年使節をローマに派遣するなど、日本の歴史上大きな役割を果たしました。  豊かな自然に恵まれ、世界初の海上空港である長崎空港や高速道路ICなどの交通アクセスの利便性から、大変住みやすいまちといわれ、人口が着実に増加している都市です。また、九州新幹線西九州ルートの新駅も開業予定で、県内の観光、ビジネスの交通拠点として発展が期待されています。  この大村市において全国各地から選手、監督、関係者の皆様方をお迎えし、第48回全国中学校新体操選手権大会が開催されますことを心より歓迎申し上げます。日頃の練習の成果を存分に発揮され、本大会に参加される皆さんにとって、心に残る大会となりますようお祈りいたします。
●新体操 8月22日(火)~24日(木)

大分県

別府市ようこそ「温泉 ハイスタンダード!極楽地獄別府」へ
別府市は、大分県のほぼ中央に位置し、人口は約12万人。豊かな自然に恵まれた、日本を代表する温泉観光地です。2,500以上もの源泉を有し、温泉湧出量はアメリカのイエローストーン国立公園に次いで世界第二位、日本では堂々の第一位です。泉質の異なる別府、鉄輪、観海寺、明礬、亀川、柴石、堀田、浜脇を総称し、「別府八湯」と呼んでいます。 そんな日本の温泉文化の発信地である別府市において、全国各地から選手、監督、関係者の皆様方をお迎えし、第48回全国中学校卓球大会が開催されることは、大変喜ばしく、別府市関係者一同、心より歓迎申し上げます。
●卓球 8月22日(火)~25日(金)
宇佐市ようこそ歴史の都 宇佐へ
宇佐市は、大分県の北部に位置し、瀬戸内海に突き出た国東半島の西側に接しています。本市は、日本一と言われるものが6つ[①八幡宮の総本社「国宝宇佐神宮」②郷土の偉人である昭和の大横綱「双葉山」③「石橋」④「鏝絵」⑤「麦焼酎出荷量」⑥「どじょう(養殖)」あります。 また、日本で初めて発祥したものも6つ[①「神仏習合]②「御輿」③「放生会(ほうじょうえ)」④「万(お)年(も)青(と)」⑤「からあげ専門店」⑥「グリーンツーリズム」]有しており、それらをはじめとする多くの歴史的文化遺産や農林水産物に恵まれたまちです。毎年、「全国選抜大学相撲」「全国選抜高校相撲」も行われています。 この宇佐市において、全国各地から選手、監督、関係者の皆様をお迎えし、第47回全国中学校相撲選手権大会が開催できますことを関係者一同心より歓迎いたします。本大会が参加される皆様にとりまして、最高の思い出として心に残る大会となりますようにお祈り申し上げます。
●相撲 8月19日(土)~20日(日)

宮崎県

宮崎市ようこそ 「活力と緑あふれる太陽都市・・・ みやざき・・・」へ
宮崎市は、日向灘に臨む宮崎県の中央部に位置し、「太陽」や「緑」に象徴されるように豊かな自然と温暖な気候に恵まれており、県都として、また南九州の中核都市として発展してきました。 現在、「食」「スポーツ」「神話」「花」といった宮崎らしさを生かして、行政、市民、事業者の3者をまちづくりの主体とする「40万人スクラムプロジェクト」を展開し、魅力あるまちづくりに取り組んでおります。 全国各地から厳しい予選を勝ち抜いた選手のみなさんをはじめ、多くの関係者の方々をお迎えして、軟式野球競技とバレーボール競技が開催できますことは、誠に喜ばしく心より歓迎申し上げます。本大会に関わる全ての方々にとって感動と交流の輪が広がる思い出深い大会となりますようお祈り申し上げます。
●軟式野球 8月18日(金)~21日(月)
●バレーボール 8月22日(火)~25日(金)
都城市ようこそ「幸せ上々、みやこのじょう」へ
都城市は、東に鰐塚山系、北西に霊峰霧島を仰ぐ三方を山々で囲まれた自然豊かな盆地に位置しています。歴史上では「島津発祥の地」ともいわれ、時代とともに変遷を重ねながら、農林畜産業に繁栄してきました。 平成18年1月には、近隣の1市4町の合併により新・都城市が誕生。「南九州のリーディングシティ」を都市目標に掲げ、産業・経済・教育・文化の拠点都市としてさらなる発展を目指しています。 全国各地から厳しい予選を勝ち抜いてこられた選手のみなさんや監督・役員・応援の方々をお迎えし、バレーボールの大会を開催できますことは、誠に喜ばしく関係者一同心より歓迎申し上げます。日頃の練習の成果を存分に発揮され、感動の夢舞台として絆をつなげ、心に残る思い出深き大会になりますようお祈り申し上げます。
●バレーボール 8月22日(火)~25日(金)

鹿児島県

鹿児島市「おじゃったもんせ」 明治維新150年を迎える鹿児島市へ
鹿児島市は、幕末から明治維新にかけて活躍した西郷隆盛や大久保利通ら時代を大きく動かす原動力となった人びとを多く輩出した歴史ある街です。1868年の明治維新から来年で150年という節目を迎えるため,様々なメディアからも注目を集めています。また,市街地から約4㎞の鹿児島市内を眼下にそびえる雄大な桜島は,現在も活動を続けている世界有数の活火山です。そんな活火山を源にあふれる,良質な温泉と並んで黒豚,黒牛,地鶏などの食材も豊富な魅力あふれる街です。 このように,歴史・自然・食に恵まれた鹿児島市で第57回全国中学校水泳競技大会が開催できますことは大変喜ばしく、心より歓迎申し上げます。本大会が皆様にとって思い出に残るすばらしい大会となりますことをお祈り申し上げます。
●水泳競技 8月17日(木)~19日(土)
日置市「古の情緒と安らぎに満ちた町」日置市へようこそ!
日置市は、県の西部、薩摩半島のほぼ中央に位置し、妙円寺参りや流鏑馬、せっぺとべに代表される歴史的な伝統行事と、薩摩焼や優れた泉質を誇る温泉など、古の情緒と安らぎに満ちた貴重な資源が数多く存在し、人と人とのつながりのあたたかさが感じられる町です。中でも薩摩焼の歴史と深い関わりがある東市来町美山地区は、現在でも窯元が開かれ、焼物の街としても知られています。  この日置市において、全国各地から選手・監督、関係者の方々をお迎えし、平成29年度全国中学校ソフトボール大会が開催できることを関係者一同、心より歓迎致します。 選手の皆様が日頃の練習の成果を存分に発揮され、大会に携わる全ての方々が「人と人のつながりのあたたかさ」を感じられる素晴らしい大会になるよう心よりお祈り申し上げます。チェスト行け!全中生!
●ソフトボール 8月17日(木)~20日(日)

沖縄県

那覇市めんそーれ 平和・こども・未来『ひと つなぐ まち』那覇市へ
県都である那覇市は、人口31万人余を有する政治・経済・文化の中心であり、中核市です。暖かい気候で、四方の海から風が吹き抜ける、すごしやすい土地です。古くは、海外との交流で栄えた「琉球王国」 文化が華ひらき、平成12年には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産登録された文化史跡が存在し、当時の繁栄を垣間見ることができます。先の沖縄戦で街は焦土と化しましたが、1972年の日本復帰を経て発展してきました。「国際通り」は復興のシンボルで、市民のマチグヮー文化などの「生活文化資源」が存在する観光地となっています。歴史や風土に培われた文化・伝統、沖縄の自然があふれる那覇市へようこそ。 この度、那覇市において、全国各地より選手や監督、関係者の皆様をお迎えし、全国中学校体育大会が開催されますことを心より歓迎いたします。選手の皆様が持てる力と技を十分に発揮し、思い出深い大会となりますよう心より願っております。
●ハンドボール       8月17日(木)~20日(日)
●バスケットボール 8月22日(火)~25日(金)
沖縄市ようこそ「国際観光都市」「エイサーのまち」沖縄市へ
沖縄市は、沖縄本島の中部に位置し、1974年にコザ市と美里村が合併してできた市です。人口は、およそ14万人で沖縄県では那覇市に次いで2番目に人口の多い市です。年間の平均気温は約22度、年間降水量は約2000mmです。市の東側には泡瀬干潟を有し、そこには海辺の動植物がたくさん生息しています。北側には、“きたやんばる“と呼ばれる自然豊かな地域があります。本市は、国際観光都市として国内外から多くの観光客が訪れ、11月には国際カニーバルというイベントが開かれるなど国際色豊かな街であります。  また、郷土の伝統芸能も盛んで、“エイサーのまち“としても有名で、沖縄全島エイサーまつりが旧盆の頃に行われ、県内外から多くの人々が訪れる一大イベントとなっています。  皆さんのお越しを心からお待ちしています。
●バスケットボール 8月22日(火)~25日(金)
豊見城市ようこそ「ひと」「そら」「みどり」がつなぐ響む(とよむ)まち豊見城へ
人口6万人余の豊見城市は、近年、市内沿岸部を中心に、立地を生かした観光関連産業の誘致推進をはじめ、内陸部の開発も進み、平成28年度は「“成長力”全国1位」にランキングされる活気のある都市です。那覇市との境界には、約70種の渡り鳥が飛来する漫湖があり、市街地に残された貴重な河口干潟として、ラムサール条約に登録されており、豊かな自然環境に恵まれています。また、沖縄空手会館が平成29年3月本市に落成、空手発祥の地沖縄の新たな聖地として世界中の空手愛好家から注目を集めているところです。  さて、第46回全国中学校ハンドボール大会が、本市において開催されますことを大変うれしく思うとともに皆様を心より歓迎申し上げます。本大会が、皆様にとりまして心に刻まれる良き思い出となりますよう願っております。
●バスケットボール 8月22日(火)~25日(金)